lbl 

LBLファイルを開く

.LBLファイルを開くのに問題がありますか?私たちはファイル形式に関する情報を収集し、LBLファイルが何であるかを説明することができます。また、そのようなファイルを開いたり変換したりするのに適したソフトウェアをお勧めします。

.LBLファイルの種類は何ですか?

主に、.lblという拡張子は、Zebra Designer Label (LBL)のファイルタイプとフォーマットを連想させます。Zebraは、ターンキーおよびコンシューマ印刷ソリューション、プリンタデバイス、およびソフトウェアの確立されたプロバイダです。Zebra Designerは、Zebraプリンタを制御するためのZebraプログラミング言語(ZPL)を使用して、ステッカー、製品やアイテムのバーコードラベル、またはリストバンドをデザインして印刷するための有料/無料のMicrosoft Windowsアプリケーションです。

ここでは、.lblファイルはZebra Designerで作成したラベルプロジェクトです。LBLはZebra Designerのネイティブフォーマットです。内部的には、LBLファイルはMicrosoftのComposite Document File(V2)フォーマットを使用しています。Zebra Designerで "Store pictures into label "オプションをオンにすると、ビットマップ画像が.lblファイル内に保存されます。



同様に、'Label'の略である.lbl拡張子は、他のソフトウェアタイトルがラベルファイルに関連してよく使用されます。ラベルファイルは、通常のプリンタや特殊なプリンタで印刷されるラベルやバーコードを表す特定の形式の文書です。例えば、LBL ファイルタイプは、Now Contact (Now Software)、Nice Label (Euro Plus) などで使用されています。異なるソフトウェアに由来するLBLファイルは互換性がありません。


モーターカーの診断では、.lbl 拡張子は、VCDS ラベル ファイル (LBL) ファイルの種類を示します。VCDS (以前は、VAG-COM) は、ハードウェア&プラスの名前です;ソフトウェア ツールセットは、標準的な OBD-II およびそれ以降のインターフェイスを介して VAG (フォルクスワーゲン アウディ グループ) 自動車の専門的な診断を実行するためにロス-テック LLC によって。

.lbl ファイルは、特定の自動車メーカーやモデルのさまざまな制御および測定オプションのプレーンテキストリストです。通常、.lblファイルにはECU(Electronic Control Unit)コードと部品番号が名前として記載されており(例:"1K0-955-559-AF.lbl")、暗号化することができます。プレーン(.lbl)と暗号化された(.clb)の両方のラベルファイルは、VCDSソフトウェアでのみ使用することを目的としています。


オープンな月面地形プロジェクトである月面ターミネーター可視化ツール(LTVT)は、PDS(Planetary Data Systems)フォーマット(NASA)のデジタル標高モデル(DEM)画像に付随する外部画像メタデータファイル(.lbl)をマークするために拡張子.lblを使用しています。.lblファイルは、月の画像に関するすべての関連情報を含む、コメントの多いテキストファイルです。いくつかのDEM画像(.img)のヘッダには、このようなASCIIメタデータが含まれています。


最後に、.lblという拡張子はデータベースラベルファイルを識別するために長く使われており、レガシーなRDBMSであるdBASEとその派生物(Clipper、FoxPro)に関連して大量に発生していました。データベースラベル(.lbl)は、dBASEデータベースデザインファイルに属するプレーンテキストファイルです。



LBLファイルを開いたり変換したりするソフト

以下のプログラムで LBL ファイルを開くことができます。 

人気のあるフォーマット