cpk 

CPKファイルを開く

.CPKファイルを開くのに問題がありますか?私たちはファイル形式に関する情報を収集し、CPKファイルが何であるかを説明することができます。また、そのようなファイルを開いたり変換したりするのに適したソフトウェアをお勧めします。

.CPKファイルの種類は何ですか?

ファイル名の拡張子 .cpk は、主に CRI ミドルウェア社が独自に開発したゲーム向けミドルウェア「CRIWARE」のために開発したファイル形式「CRIWARE Resource Package (.cpk)」に関連付けられています。このCRIWARE技術は、主要なゲームプラットフォーム向けにリリースされた数多くのゲームに採用されています。CRIWAREをベースにしたすべてのゲームでは、リソースはCRIWAREパッケージ(.cpk)に格納されています。.cpkファイルとは、サウンド、キャラクターモデルやデータ、ビデオ、音楽などのゲームリソースを圧縮して保存したアーカイブのことです。このようなファイルは、ファイルヘッダの ASCII "CPK" 署名によって認識されます。.cpk ファイルはユーザーが直接操作することを目的としたものではありませんが、このような .cpk パッケージは、熱心なプレイヤーが CPK 形式で動作する非公式なツールを使って、改造のために抽出したり修正したりすることがよくあります。


.cpk 拡張子を使用するもう 1 つのファイルタイプは、Microsoft Driver Test Manager (DTM) Test Package (.cpk) ファイルタイプ/フォーマットです。DTM は、以前の Winqual (Windows Quality Online Services) および WHQL (Windows Hardware Quality Labs) サービスに代わって、Microsoft が Windows Dev Center-Hardware Dashboard サービスの範囲内で維持している Windows Logo Kit (WLK) ハードウェア認証ツールキットの一部です。DTM ソフトウェア(DTM Studio)によって生成されたテスト パッケージは、圧縮された .cpk ファイルとして保存され、Windows Dev Center-Hardware Dashboard に提出して認証を受けます。.cpkファイルには、特定のハードウェアに対して実行されたすべてのテストとその結果の完全なログが含まれています。提出前に、保存されたテスト パッケージ (.cpk) は、DTM Log Viewer ツールまたは DTM Studio を使用して確認することができます。


.cpk 拡張子は、クロスプラットフォームのソフトウェア開発フレームワークである IBM Rational Synergy が使用する IBM Rational Synergy Database Pack (.cpk) ファイルタイプ/フォーマットにも関連付けられています。IBM Rational Synergy 内のデータベース・サーバーは、パック(.cpk)ファイルで表されるさまざまな開発モデルに設定することができます。このような .cpk ファイル(デフォルトモデルでは「base.cpk」)は、新しい空の Rational Synergy データベースを生成するためのデータベースモデルとして機能します。IBM Rational Synergy にはトレーニングデータベース ("training.cpk") が含まれています。


さらに、.cpk という拡張子は、かつて人気のあったセガやセガサターンのゲーム機向けに出版された多くのゲームでフルモーションビデオ(FMV)を配信するために使用されていたセガサターンマルチメディア(CPK)ファイルフォーマットに関連しています。CinepakビデオコーデックをベースにしたCPKは、オーディオとビデオの両方のインターリーブ多重化をサポートする独自のコンテナフォーマットで、様々なバージョンが存在していました。セガ/セガサターンのゲームCDに収録されている.cpkファイルは、MPlayerなどの汎用マルチメディアプレーヤーで直接開いて再生することができます。



CPKファイルを開いたり変換したりするソフト

以下のプログラムで CPK ファイルを開くことができます。 

人気のあるフォーマット