mtx 

MTXファイルを開く

.MTXファイルを開くのに問題がありますか?私たちはファイル形式に関する情報を収集し、MTXファイルが何であるかを説明することができます。また、そのようなファイルを開いたり変換したりするのに適したソフトウェアをお勧めします。

.MTXファイルの種類は何ですか?

ファイル名の拡張子 .mtx は、主に Microsoft Visual Studio のマニュアルテスト (テキスト形式) (.mtx) ファイルタイプに関連付けられています。Microsoft Visual Studioでは、手動テストは、特定の非標準的な、または容易に自動化されない、または再現可能なシナリオでアプリケーションの動作をテストするのに役立ちます。マニュアルテストファイルの保存には、テキスト形式(.mtx)とMicrosoft Word形式(.mht)の2つの異なる形式が使用されます。テキスト形式 (.mtx) で保存された手動テスト ファイルは、IDE 内で直接開いて修正することができます。.mtx ファイル自体には、テスト実行時に適用されるアプリケーションのテスト条件のテキストベースの記述が含まれています。 このような手動テスト ファイル (.mtx) は、Microsoft Visual Studio でロードして実行することができます。


Y. Delwiche氏がMicrosoft Windows用に開発した、無料で使用できる有料のトラッカー音楽作曲ツールであるMadTracker 2を参考にすると、.mtx拡張子は、MadTracker 2拡張子(.mtx)ファイルタイプに関連付けられています。MadTracker 2は、拡張モジュールを使用して基本機能に機能を追加しており、各拡張モジュール(.mtx)は、そのような追加機能を実装したリネームされたWindowsダイナミックリンクライブラリ(DLL)にすぎません。拡張モジュール (.mtx) は、MadTracker 2 のインストール ディレクトリの "Extensions" サブフォルダに配置されます。


.mtx拡張子はまた、この拡張子は、GROMACSヘシアン行列(.mtx)ファイルタイプを表すために使用されるGROMACS、オープンで自由な分子動力学解析および可視化ソフトウェアに関連しています。このような .mtx ファイルは、標準の GROMACS 軌跡ファイル形式 (.trj) を使用して、特にヘシアン行列を格納するために役立ちます。このようなファイルは、GROMACSの "gmx nmeig "コマンドを用いて読み込むことができます。


それとは別に、.mtx拡張子は、特別なプラグインを介して3Dモデリング環境からエクスポートされたMetaStream/Viewpoint Media Player(VMP)3Dシーンファイルを表すために使用されます。MetaCreationsによる古いMetaStreamソフトウェアから始まって、ViewPoint Corp.によるVMPは、Webページに3Dコンテンツを埋め込み、視覚化するための独自の技術です。VMPは、埋め込まれたMetaStream/VMPシーン(.mts.mtx/.mtz)を処理し、それらの動的に更新された3Dビューを作成するWebブラウザのプラグインとして存在します。


matrix」を意味する.mtx拡張子は、NISTが運営する代数的行列定義を交換するためのオンラインサービスMatrix Marketでネイティブに使用されているMatrix Market交換フォーマットにも関連付けられています。Matrix Marketの.mtxファイルはASCIIテキスト文書で、座標形式または配列形式を使用して、疎なM×N行列または密なM×N行列を定義します。このようなMTXファイルは、ほとんどの数値計算アプリケーションでインポート/エクスポートすることができます。


Aivosto Oyによって設計されたMicrosoft Windows用の有償Visual Basicコードレビューおよび最適化ツールであるProject Analyzerは、Metrics Database (.mtx)ファイルタイプ/フォーマットに関連して.mtx拡張子を使用しています。MTXは、Project Analyzerで検査されたVisual Basicプログラミング・プロジェクトのメトリクスを保存するための独自のバイナリ・フォーマットです。.mtxファイルには、プロジェクトのID、タイトル、日付、ファイル名、クラス名、プロシージャ名、変数名が含まれます。このようなプロジェクト・メトリクス (.mtx) ファイルは、Project Analyzer の外部では開いたり使用することはできませんが、XML ベースの交換フォーマットでエクスポートすることができます。


また、.mtx拡張子は、1980年代に英国でMemotechによって製造されたレガシー8ビットホームコンピュータであるMemotech MTX512を参照して、Memotech MTX512 ROM Image (.mtx)ファイルタイプ/フォーマットを示すために使用されています。物理的に長い間陳腐化していたMemotech MTX512は、いくつかの独立したプロジェクトによってソフトウェアエミュレーションによって保存されています。ROM カートリッジなどとして配布された Memotech MTX512 ソフトウェアを扱うために、特別なフォーマット (.mtx) が考案され、.mtx ファイルは、Memotech MTX512 エミュレータの 1 つで使用できる ROM イメージを表しています。


また、拡張子.mtxは、ヤマハ株式会社のプロフェッショナルオーディオネットワーク設定ツール「MTX Editor」のプロジェクトファイル(「Yamaha MTX Editor Project」、.mtx)を表すために使用されています。.mtxファイルは、ヤマハのMTX、XMV、EXi8/EXo8シリーズで構築されたネットワークオーディオシステムを記述したもので、機器の台数や種類を記録し、設定を保存します。この.mtxファイルは、MTX Editorでのみ使用できます。


シーメンスPLMソフトウェアの強力なCADおよびプロダクト・ライフ・マネジメント(PLM)スイートであるNX(以前はUnigraphicsまたはUGとして知られていました)では、.mtx拡張子はユーザー・ロールのカスタマイズ・ファイルを表します。このような.mtxファイル(通常、"%localappdata%\%Unigraphics SolutionsNX6 "にある "user.mtx")は、NXユーザーによって定義された現在の "ロール"(ツールバーの利用可能性やレイアウトなど)の構成設定を定義するXMLファイルです。


.mtx 拡張子は、IBM WebSphere TX Design Studio のスキーマ・タイプ・ツリー・ファイルに割り当てられている範囲にも関連しています。このような .mtx ファイルは、スキーマ解析の結果として自動的に作成される補助的な読み取り専用ファイルであり、XML スキーマを使用するマップを開くプロセスを高速化するために使用されます。IBM WebSphere TX Design Studio をアップグレードする場合は、マップ ファイルを開く前に、残っている .mtx ファイルをすべて削除することをお勧めします。これらのファイルは、必要に応じて再作成されます。


MyTestXProはA. Bashlakovによって設計された小テスト、テスト、試験を作成して管理するためのシェアウェアのMicrosoft Windowsアプリケーションです。MyTestXProでは、1つの.mtxファイルが1つの小テストを表し、それを開いて学生に投与することができます。MTXファイルは独自の圧縮および暗号化されたファイル形式を使用しているため、MyTestXPro Student(テスト)またはMyTestXPro Editor(オーサリング)でのみ開くことができます。



MTXファイルを開いたり変換したりするソフト

以下のプログラムで MTX ファイルを開くことができます。 

人気のあるフォーマット